マルチ商法はネズミ講と一緒?その違いを調べてみた

ネットワークビジネスをする上でよく議論されるのが、「マルチ商法」と「ネズミ講」の違い。

もしかすると、この記事を読まれている方の中に友達に「マルチ商法?怪しいビジネスでしょ?」なんて言われた経験がある方もいるかもしれません。

もしくは「それってネズミ講でしょ?」と言われてチーンとなられたことも…。

今日はネットワークビジネスで使われる「マルチ商法」についてお伝えしていきます。

あなたのやりたいを現実化します!

あなたは今の収入で満足をされていますか?

もし満足をされているなら、スルーされることをお勧めします。

でも、今よりもプラスαの収入が欲しいという方は、どうしても知っていてもらいたい話があります。

マルチ商法とは何ですか?

マルチ商法(MLM)は製品を流通させたい会社が、自社の製品を流通させる会員を募集するとともに、消費者に直接製品を販売するビジネスモデルです。

マルチ商法は、リファラルマーケティングまたはネットワークマーケティングと呼ばれることもあります。

まず、会社の既存のメンバーは、周りの友人・及び知人に製品を販売および宣伝します。

そして、同時にその中から、一緒に製品を販売・宣伝してくれる仲間を募集します。

各会社には報酬プランがあるので、流通の規模に応じて報酬を得る事ができるんですね。

マルチ商法はどのような仕組みですか?

マルチ商法では、直接販売または企業が、個々の消費者に製品またはサービスを販売します。

通常は店舗を持たず、友達や知人に直接製品またはサービスを販売しています。

MLM企業で製品を購入し、会員になった方をディストリビューターと呼び、ブランドアンバサダー、またはインフルエンサーとして活動します。

通常、各会社には報酬プランがあり、最下位レベルの会員が販売を行うと、紹介者やその上の会員も収入の一部を獲得します。

MLM内のディストリビューターは、時給ではなく、すべてのレベルで構造化されたコミッションを受け取ります。

新しいディストリビューターを募集することに焦点が当てられている一方で、ディストリビューターは会社の製品を販売することによってもお金を稼いでいます。

マルチ商法のチームは、多くの場合、女性、若い母親、または新たな収入源を求めている人々を引き付けます。

マルチ商法ビジネスの戦略の一部では、顧客は製品を見知らぬ人よりも身近にいる友人や知人を信頼し、購入する方が簡単であると考えられています。

コミュニティを顧客ベースとして活用することで、友人や家族がビジネスをスタートした際、迅速にサポートすることができます。

MLMで商品を販売するいくつかの一般的な方法は次のとおりです。

  • 農民の市場と見本市
  • オンラインイベント
  • ソーシャルメディアグループ
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • 家庭訪問
  • 口コミ
  • インフルエンサーマーケティング
  • バイラルマーケティング
  • 対面または仮想のパーティー

マルチ商法は合法ですか?

マルチ商法は、米国およびほとんどの国で合法です。

バングラデシュ、中国、サウジアラビアなど、いくつかの国で禁止されています。

米国では合法ですが、強引な勧誘とディストリビューターが無給で活動することも多く、物議を醸すこともよくあります。

マルチ商法を批評する方は、マルチ商法のビジネス戦略は、ほとんどの国で違法であるネズミ講と多くの類似点があると言います。

マルチ商法とねずみ講の違いは何ですか?

マルチ商法とねずみ講の主な違いは、それが合法的なマーケティング戦略の定義に該当するかどうかです。

本質的に、MLM戦略は合法ですが、ネズミ講は合法ではありません。

マルチ商法とネズミ講の主な違いは次のとおりです。

  • ネズミ講は、新規のメンバーを増やすことにに最も重点を置いていますが、MLM戦略には、製品の愛用者を含めて、ビジネスメンバーも同時に増やしていきます。
  • MLMシステムでは、ビジネス会員が販売できない製品については買い戻し保証が必要ですが、ネズミ講にはそのような保証はありません。
  • MLMは、顧客に利益をもたらす実際の製品またはサービスを提供しますが、ネズミ講は、紹介者からの一貫した投資を強調し、より多くの個人をビジネスに勧誘します。
  • MLM戦略では、できるだけ多くの製品を販売するために、できるだけ多くの人をビジネス会員に勧誘しますが、ネズミ講では、新規会員の投資を活用することを唯一の目的として、できるだけ多くの人を勧誘します。
  • マルチ商法の戦略では、ディストリビューターに最低量の製品の購入を求める場合がありますが、ネズミ講では、紹介者が契約書に署名する前に、非常に多額の投資を求めます。
  • マルチ商法では、ビジネス会員が販売するターゲット(消費者)に焦点を当てる調査と戦略が含まれますが、ネズミ講はエンドユーザーにほとんどまたはまったく焦点を当てていません。
  • マルチ商法戦略では、ビジネス会員は自身の売上げや、新しい会員からコミッションを受け取るかもしれません。ただし、ネズミ講では、会員は獲得したメンバーをのコミッションのみを受け取ります。

ただし、マルチ商法の会社は合法ですが、最も成功した倫理的な会社でさえ、チームがが収入を得ることを保証できないことに注意することが重要です。

マルチ商法の会社が本当にネズミ講であるかどうかを見分ける方法

私達は次の兆候に注意を払うことで、MLMが実際にネズミ講であるかどうかを判断できます。

  • 会員会員は大量の在庫を購入する必要があります。
  • 収入は、消費者に販売された製品の数ではな会員会員が採用した人数に基づいています。
  • 会社の特定のレベルまたは上位にとどまるに会員会員が自分で製品を購入する必要があります。

マルチ商法へ参加する際は、用心深く、質問をし、会社の評判と商慣行について調査する必要があります。

マルチ商法を使用するビジネスの例

世界的に有名ないくつかの会社はMLM戦略を使用しています。

これらの企業の中には、多くが合法的な企業です。

しかし、ネズミ講ではないかと告発、詐欺の告発、集団訴訟、証券詐欺の事例など、論争を経験した会社もあります。

危険な製品を販売したり、賃金支払い法に違反したとして非難された会社もあります。

ただし、論争があっても、いくつかのマルチ商法会社は非常に有益であることが証明されています。

最も収益性の高いマルチ商法企業の1つは、2020年に84億ドルの価値があったアムウェイです。

マルチ商法を使用する有名な会社は次のとおりです。

  • エイボン
  • ハーバライフ
  • LuLaRoe
  • メアリーケイ
  • Scentsy
  • タッパーウェア

まとめ

今回はマルチ商法についてお伝えしてきました。

マルチ商法は合法ですが、ただやり方によってはネズミ講と思われてしまうのも事実です。

マルチ商法に参加を検討中の方は、ご自身の自己責任で調査し、参加されることをお勧めします。